elizabeth handover(エリザベス ハンドーヴァー)

ルミナラーニングのアジア地区パートナーとして、またルミナラーニングの地域講師陣のヘッドとして、ルミナの保有するツールや教材を使ってワークショップを行うプラクティショナーの教育、認証をアジアで行ってきました。彼女はリーダーシップと人材育成の専門家として日本やアジアで活躍し、数多くの経験を積んできたコンサルタントであり、トレーナーです。人間重視の前向きなリーダーシップ手法を開発しようという強い決意のもとに、日本をベースにした企業が直面する、急速に変化する国際ビジネス環境が投げかける独特な課題に対処していくための数々のプログラムをデザインしてきました。彼女はほかのチームメンバーと共に、自己認識の増進、主要な強みの強調、コミュニケーションスキルの拡大、そして強いチーム関係の育成などを通じて、より高いリーダーシップ素養の開発に、顧客と連携して取り組んできました。

日本の製薬業界のCIOクラブの任命を受けて、年単位の国際的才能開発プログラム、CIOリーダーシップアカデミーの運営を行っています。 また、日本の金融業界に対しても、人とチームの管理、人を動かす政治的手腕、対立管理、コーチング、ネットワーキングなど幅広いマネジメントスキルを促進させています。

ACCJ女性ビジネス委員会の共同議長を務め、BCCJ、ASTD、FWLA、AWFの会員であり、ルミナスパーク、ルミナリーダー、コミュニスポンドエグゼクティブプレゼンテーションスキル、オーガニゼーションコーチングをはじめ数々のトレーニング、コーチングの認証を持っています。また、演劇とドラマの演技と教育の学位を修了。

 

エリザベスを LinkedInで見つける。

 ACCJ Journalのエリザベス月刊コラムを読む。