法人導入事例

グローバルリーダーシッププログラム

外資系大手製薬会社「グローバルな環境で自信をもって導く」

日本は市場はUSに次いで大きなマーケットにも関わらず、グローバルで活躍するリーダーの数は他国に比べ少ないという課題に直面しました。日本人リーダーが、国際的に活躍するためにはリーダーシップの考え方や振る舞いを変えなければならないと感じプログラムを導入しました。参加者はリーダーとしてのプレゼンスに変化が見られ、周囲からの評価が高まりました。

参加者の声 
外資系ヘルスケアカンパニー 
IT部 部長 
杉田夕紀子様
実際の場面を想定したロールプレイでリアルなテーマに直面することができました 

英語でのプレゼンテーションのコツをロールプレイとフィードバックで学びました。はじめは皆恥ずかしさもありましたが、やってみると自然で、日本人にとっては明日からすぐに役立つスキルを習得できました。ルミナのワークショップはよくデザインされていると思います。ロールプレイの場ではリアルな場面が再現され、「こうやって私たちのコンフリクトは起こっているのだ」と体験的に学んだことは大きかったです。正直数日のワークショップでそんなに変わるのかと思っていましたが、予想以上の変化がありました。

 _____________________________________________

プログラムの一例をご紹介します. ヒアリングの上、カスタマイズしてご提供いたします。

 
 

グローバルリーダーシッププログラム例

グローバル化するビジネス環境で、日本人リーダーが自信をもってリーダーシップを発揮していくことがより求められています。日本語以外での会議やマネジメントの場面で、「英語能力への不安」と「自分自身が“間違った“意見を発信するのではないかという不安が、強いリーダーシップを発揮していくことの妨げになっています。英語力だけの問題ではありません。日本人リーダーがより自信のあるリーダーシップがとれるよう行動を促します。

 

グローバルリーダーシッププログラム(2日間コース)

概要
自己認識を高めて、グローバルな場面でのリーダーシップの障壁となっているものと特定します。英語に対するステレオタイプや否定的なセルフトークから起こる恐れを取り払います。実践的なプレゼンテーション・コミュニケーションスキルを身につけることで、より自信のあるグローバルリーダーシップがとれるよう行動を促します。(英語・日本語バイリンガルで実施いたします)

期待される成果
・効果的な行動/そうでない行動のより良い理解
・多様な状況でのコミュニケーションに対する自信
・グローバルな環境に対応するコミュニケーションスキル
・国境を越えた対話でのアサーティブなコミュニケーション

  • コンテンツ
    ・ルミナスパークによるリーダーシップスタイル、強み、成長テーマに対する自己認識
    ・恐れを乗り越え、自信をもって行動するためのリフレーム 
    ・アサーティブなコミュニケーションスキルの実践
    ・対面や遠隔(電話会議等)のコミュニケーションの技術

  • 対象
    ・国内外をまたぐプロジェクトのマネージャー、担当者

 

 

Orange Contact Button