ルミナスパークとビッグ・ファイブ理論の歴史

picture

ギリシャの起源

ギリシャでは人間の気質についての理論を生み出し、人々は冷静・憂鬱・陽気・短気の4つに分けられると考えました。数千年前では最先端だったこの理論ですが、今では学者によってさらに良いモデルが生み出されています。

ユングの功績

ユングによる性格に関する理論(1921年)は気質の理論に著しい改善をもたらし、組織だけでなく自己認識を促す実践的なツールとして長年栄えてきました。しかし、彼の研究は統計的分析よりは事例観察に基づいたものであり、また洞察がビッグ・ファイブ理論のうち3つと同じだったこともあり、本質を見抜く彼の能力に大変な功績をもたらしました。

ビッグ・ファイブ理論の起源

1936年、オールポートとオドバートは性格の主要構成要素を探し当てるため、4,500文字以上も作成しました。1940年代になると、レイモンド・キャッテルが引き継ぎ、16の要素が人の性格を形付けるという結論を出しました。のちに、フィスク(1949)が異議を申し立て、キャッテルの分析に誤りを発見しました。そして、フィスクは人の性格の変化は5つの要素で成り立っていると考えました。それにもかかわらず、正式にビッグ・ファイブ理論の初版が発表されたのは、テュープスとクリスタルがさらに研究を重ねた1950年代のことでした。彼らの発表は、1963年にノーマンによって再現され、ビッグ・ファイブ理論は性格を研究している学者に良き分類として徐々に認められるようになっていきました。

不毛の年

1960年代と1970年代は、行動学者や他の研究者達が性格の理論研究を放棄する不作の年でした(1968年のミッシェルによる特性理論に対する取り組みのため)。しかし、実業界では、ミッシェルの懸念はあまり影響を与えていなく、研究者たち前に進み続け、有名なユングのアプローチを利用していました。業界では、最善の学術的なアプローチを追求していくのではなく、「機能するもの」に焦点を当てていました。1980年代に入ると、学術的風潮は性格に関する研究に重点をおかれ、ビッグ・ファイブ理論は発展し続けました。

ルミナスパークの開発

1980年代から1990年代にかけてビッグ・ファイブ理論と呼ばれるモデルが生み出され、1992年にはマクレアとコスタによって学術的なモデルが形付けられました。二人は研究室で働く一方、ビッグ・ファイブ理論と心理学者であるユングの理論の最良事例を集結させたルミナスパークをデザインしました。特に、ルミナスパークにはユングの手法(悪を除こうとしても善も失う)というアプローチを常に根底に置くことと、最新の研究に基づいたビッグ・ファイブ理論を基本に開発しました。2009年にはルミナスパークのモデルはルミナラーニングオンラインシステムに組み込まれ、世界中のクライアントにアクセス頂けるようにしました。